タグ別アーカイブ: 活用法

にじみ、ぼかし、水しみのテクスチュアの活用法

紅葉

機械の魚を描く時、鉄のさびた質感は朽ちた感じを

透明水彩の水しみやにじみで表現すると、しっくり来るという事は

以前こちらのブログでも描きました。

 

しかしそればかりではなく、植物などを描いても

『水しみ』などを上手く使う事で、非常に上手く質感を表現することが出来ます。

 

なぜでしょう。

 

私は、植物の構成する要素の中で、水の占める割合が

大きいからだと思っています。

植物が枯れて行く中で、水分がなくなって行く様子は

いわば絵の具が紙の上でかわいて行く過程そのものではないかと。

 

さびた質感を表現する事も、同じ事が言えます。

水がかわいて行く過程で偶然に生み出される形が

水彩画での水しみなのですね。

 

これは、不透明な(ガッシュや油絵の具など)絵の具で

精密に描写した絵とは違った、特別の味わいを持っています。

実際にリアルに描いた訳ではないけれど、それっぽく見えるという

ユニークな現象を引き起こします。

 

たらし込みで生まれる、このテイストを上手く使うことで

様々なモチーフを独特の美しいテイストで描く事が可能になります。

 

kikaigyobana

nato2
Instagram

 

iPhoneで動画や接写をキレイに撮る方法

このwebサイト『キカイ魚ミュージアム』で掲載している作品写真や動画などは

実は、すべてiPhoneで撮影しています。

理想的にいえば、もっと高級な一眼レフでちゃんとした照明や撮影機材などを

駆使して撮れれば良いのですが、いかんせん予算と手間がかかります。

お手軽に、しかも低コストでサイトを更新していくという事でも

身近なスマホを使う、というやり方はおすすめです。

 

ただここでポイントなのは、接写をしたり動画を撮る場合に

カメラとなるiPhoneを固定するということ。

 

特に接写の場合は、ピントのズレや手ぶれが命取りとなります。

撮影した画像をPhotoshop上で拡大した際、水彩画の紙の質感まで

シャープにしっかり写り込むかどうかは、カメラを固定するかどうかにかかって来ます。

スマホスタンド

そこで登場するのが、この100円ショップ(ダイソー)で買って来たスマホスタンド。

これは、なかなか優れものです!

足がクニャクニャ曲がるので、かなり様々な角度にカメラを固定することが出来ます。

(※使用しているのが iPhone 4 というところが泣かせますが…)

 

ちょとしたことですが、「カメラを固定してピントしっかりあわせる」

ただそれだけでも仕上がりが一段と違った写真が撮影することが出来ます。

 

 

kikaigyobana

nato2
Instagram
 

 

 

イラストレーターのインスタグラム活用法

最近、インスタグラムにはまっています。インスタグラムアイコン

SNSといえば「ミクシー」にはじまり、「Facebook」や「ツイッター」

「Flicker」や「Tumblr」などいろいろありますが

イラストレーターの立ち位置で最も活用しやすいSNSは何だろう、

と模索しております。

某イラストレーションの専門誌では、「Tumblr」や「behance」などSNSを活用して

海外からの仕事などを多数得ている、という夢のようなお話もちらりほらり聞いたり。

しかし実際に試してみると、それら英語主体のページのハードルの高い事…(汗

まあ実際、対応するとなると英語になるのだから、仕方がありませんが。

インスタ1そんな中、こちらの「Instagram(インスタグラム)」

画像を中心としたSNSは、扱いがシンプルでなかなか楽しめます。

 

日本でインスタグラムのイメージといえば、料理の画像を上げて

友だち同士で「いいね」を言い合っているといったイメージが強いですが

外国の方々は、アート系の作品などバンバン上げて

知らないモノ同士交流し合っている感じ。

アーティストにとっては、ポートフォリオ状態になっております。

もちろん「Tumblr」や「behance」のほうがよりポートフォリオ度は強く

プロっぽいのですが、いかんせん扱いが難しいような感じがします。

それにインスタグラムは、反応が早いのが気持ちいいです。

 

インスタグラム画面左の画像のように、ハッシュタグをつけるのがコツとか。

結構、細かくイッパイつけます。しかも日本語にあわせて

英語でもつけます。コレが大事です。

 

そうすると、外国の方々がこのハッシュタグを辿って

沢山見て下さって「いいね」を下さります!

中には英語のコメントなども飛び込んできます。

『Cool!!』とか『Nice!!』とか、それだけでも結構嬉しいものです。

そのくらいなら英語のダメな私にでも何とか対応出来ます(笑

それで、外国からイラストの仕事が押し寄せるという事では

ないのですが、沢山の人に作品を見てもらい反応を頂くという

SNSの役割は、十分果たせるのではないかと思います。

 

もちろんSNSに作品を上げ紹介する事は、ツイッターやFacebookなどでも試みておりました。

ツイッターの場合、ハッシュタグで多くの方に見て頂く感覚はあまりなく

通常に作品をアップした場合、1000人以上のフォロアーがいても

上げた画像はタイムラインで流れてしまいあまりご覧頂けません。

しかも見る方が日本人の場合、反応が良いのは

アニメ系・コミック系中心で、従来のイラストレーション風の作品は

あまりお気に入りやリツイートされにくい気がします。

(それでも「リツイート」や「お気にいり」をして下さる方々には、大感謝です!!)

 

またFacebookは実際に出会っている人がメインなるため、広がりが乏しくなります。

上げる記事ごとの情報量も多いのが通例で、あまり不特定多数の方に

画像を見て頂くということに、適していないのではないかと思います。

 

そんな訳で、このインスタグラム、国内のアート系ジャンルではまだ

イマイチ人気ではありませんが、今後の展開が気になるSNSであると思います。

ご同業=イラストレーターの皆様も、インスタグラムで『いいね♥』しませんか?

 

https://instagram.com/toshiyashirotani/

 

 

kikaigyobana

nato2
Instagram